通常とは異なるタイプの液晶テレビ保護パネル

本日は、昨年の年末に作成させていただきました、

通常とは形状が異なる、液晶テレビ保護パネルのお話です。

通常のものはアクリル板上部のみにテレビに引っ掛ける部分を

接着するのですが、今回の液晶テレビはテレビの枠の部分が

上下左右とも6ミリしか無いものでした。ですので通常の結び方や

それを縦掛けすることもできなかったので、

通常と縦掛けの違いご参考にどうぞ

今回は、アクリルの上部と左右を囲って左右の板に穴をあけ

そこからクリアコードをだすという加工を行いました。

分かりにくくてすみません。数も沢山あり、忙しすぎて

写真が撮れませんでした

液晶テレビの下部部分の一辺だけ何もなくしています。

上部には余分に2箇所穴が開いており、追加でコードを通し

さらにしっかりとテレビに固定できるようになっております。

もう文章で書いていて、自分でもどう伝えれば

よいか分かりません・・・すみません

こちらの液晶テレビは、手術室のモニターにご使用になる

そうです。その数量なんと60台です!

知らない人はいらっしゃらないと思います

某有名メーカー様からご依頼を受け、

年末の最後の営業日に、全て一か所の病院に無事納品させて

頂きました。

ご注文いただき誠にありがとうございました!

また納品にてお世話になったご担当者様方、

誠にありがとうございました。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

アクリル加工のマリンブロック店長スギヤマでした。

お問い合わせはお電話かメールにてお気軽にどうぞ!